人気ブログランキング |


研究生活の備忘録です。http://satcy.ninja-web.net


by stakahashi17

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
論文紹介
研究状況
イベント
所感
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月

フォロー中のブログ

Life is Beau...

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

お腹が痛い
at 2019-07-08 02:42
イースターホリデーは鼻水の思い出
at 2019-04-24 06:32
美しく寒きドナウ
at 2019-04-15 03:09
ひとのイングリッシュを笑うな
at 2019-03-28 07:13
ピックアップ論文11月-12月
at 2018-12-31 07:08

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

科学

画像一覧

ひとのイングリッシュを笑うな


日本に一次帰国をしていたときのことです。リーズからメールが届きました。”1人分のスペースが空いているからジュラ紀のサンプリングに行かないか”ということでした。もちろん、すぐにOKしました。参加したのは、リーズ大学の古生物やメタンシープなどの研究で業績をあげているCrispin Little教授の研究室のサンプリング活動です。

初めて教授に会ったのは金曜日のビールの時間でした。自分が東京の地球科学”アースサイエンス”の専攻から来たという話をしたところ、お前は”Ass”ケツの研究をしているのかと笑われたことをとてもよく覚えています。

訪れた調査場所はヨークシャーの北東に位置するジュラ紀前期の海成の地層です。このまま一部不整合をはさみながらもジュラ紀中期の陸成層(恐竜もみつかる)、さらに白亜紀の海成層へと連なっていきます。一連に堆積層が連なっていくなんてとてもうらやましいですね。
港町Whitbyの街の南方にあるロビンフッドべイにある露頭を目指し、釣り人が使うロープをつたって海岸に降りて行きます。
e0208576_07142654.jpeg
そこにはほとんど水平にジュラ紀の泥岩層が残っています。 リーフカットベンチに広がる層理面には、アンモナイトやベレムナイト、腕足類、二枚貝類がそこらかしこに散らばっています。これに感動し、化石サンプルをハンマーを使って取ろうとしましたが、よく見ると海岸に落ちている円礫にはアンモナイトがまるまる入ったノジュールがごろごろ入っています。
e0208576_21593893.jpg
e0208576_07184132.jpeg
 研究室のサンプリングを手伝う半面、夢中できれいなアンモナイト入りノジュール、黄鉄鉱化したアンモナイトを拾い集めました。調査を行った2日ともバックパックは石で満載になり、皆でえっちらおっちら元来た丘の上へ引き返しました。相当に重かったです。最終日にシャワーを浴びてみたところ、肩にはバックパックの肩紐が食い込んだ跡が真っ赤に残っていました・・・。本業の研究用のサンプリングもうまく進みました。私が個人的に化石を採取しようと思って持ってきたさまざまな道具達は便利だ便利だとどんどん使われていき、水色のポスカもガムテープ・マスキングテープもアルミホイルもほぼ全部使われてしまいました。日本のサンプリング手法も捨てたものではありませんね。

by stakahashi17 | 2019-03-28 07:13 | イベント