研究生活の備忘録です。http://satcy.ninja-web.net


by stakahashi17

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
論文紹介
研究状況
イベント
所感
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月

フォロー中のブログ

Life is Beau...

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

高橋は聡だが役に立つ
at 2018-02-17 12:46
Fujiyama
at 2018-01-22 14:00
阿部さんのこと
at 2018-01-07 20:57
タイムカプセルとあけると・・・。
at 2017-12-20 11:49
柿ピー食べ放題の放散虫のお祭り。
at 2017-10-27 22:48

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

科学

画像一覧

阿部さんのこと


 年明けに阿部豊さんが亡くなったというお知らせを頂きました。
 
 不勉強なもので、阿部さんのことを知ったのは、実は、システム講座の面接を受けたときでした。
 「地質調査できる人募集」という要項を見て応募したものの、いざ詳しく受ける講座のことを調べてみると、宇宙だ、数値計算だと書いてあってこれはまずいぞ・・と思いながら上京したときのこと。

会場に車いすで現れた阿部さんにはじめてお会いして、出回っている書評や新聞記事にあるようにホーキング博士のようだなと思いました。

面接のときには、絶滅や地球上の激変は根本的に何が起因して起きているのか、どんな意味があるのか? スケールの大きな質問をしてもらったように記憶しています。
たしか、とても緊張してしどろもどろにそのときの自分の考えを話したように思います。


今、”阿部さん”なんて書いていますけど、東京大学に移ってきて、あたりまえですが周りはみんな”東大の先生”ですから、私なんぞが”先生”つけずにミーティングやセミナーで本当に呼んでよいのだろうかと最初は(今もか?)ドキドキしていました。

 東大に来てからの阿部さんとの思い出は、なんといっても講座メンバーで三陸ジオパークを巡った”システム合宿”です。
システム合宿の構想が周知されてから、すぐに阿部さんからメールで参加表明を頂いて、車いすで見学できる露頭のリストアップや宿泊先探しを通していろいろお話しました。あのときが、阿部さんと奥様の彩子さんとようやく話すことに慣れていったできごとかもしれません。
 合宿当日は、天気が悪くてご不便をかけてしまいましたが、10年ぶりに露頭を直で見たと喜んでもらえたことを覚えています。

岩手で行った合宿だったので、岩手のジオパーク関連の方々や私の母や祖父にも阿部さんが知られることとなり、
岩手の調査に出かけたり、実家に帰ると「阿部先生は元気か?」と聞かれるようになりました。
昨年の暮れにもリガクル片手の祖父にそんな話をされたところだったのですが、阿部さんの容態が急変しているなんて思いもしませんでした。

 私は、阿部先生にはじめてお会いしたときの質問にまだちゃんと答えられていません。
 これから研究を続けていったとしても、またしどろもどろになるだろうし、自信をもって説明できるかどうか分かりません。
 でも、少しはましな答えができるように精進していこうと思います。

阿部豊さんのご冥福をお祈りいたします。


[PR]
by stakahashi17 | 2018-01-07 20:57 | 所感