研究生活の備忘録です。http://satcy.ninja-web.net


by stakahashi17

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
論文紹介
研究状況
イベント
所感
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月

フォロー中のブログ

Life is Beau...

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

安家森セクション、国際巡検デ..
at 2017-07-06 14:57
晴れ男確定でお願いします.
at 2017-06-06 22:43
三畳紀系の論文8-9月
at 2016-09-18 19:29
論文リスト_2016年_3月
at 2016-03-31 17:04
今年もよろしくお願い致します。
at 2016-02-06 16:30

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

科学

画像一覧

カテゴリ:所感( 18 )

今年もよろしくお願い致します。

今年もどうかよろしくお願い致します。

..って言うにはもう遅いでしょうが、よろしくお願い致します。

 卒論、修論の一通りが終わりました。

 頑張ったのは学生の方々なのですが、連日、ああだこうだと議論するのは刺激的なものです。

 独自のアイディアや一生懸命な姿勢は、こっちもポジティブな力をもらいますね。

 感謝です。

e0208576_1615452.jpg

e0208576_16315139.jpg

[PR]
by stakahashi17 | 2016-02-06 16:30 | 所感

そして博士になる

東大では、卒論、修論、博士論文の審査が終わりました。

たくさんの発表を聞いて、また様々な角度からの質疑を聞くことで大変勉強になったと思います。

学生が、じゃなくて自分がね。

 周りの学生の研究や発表準備の過程を通して特に思うんですが、

 同じ露頭や、同じ文献を参照しても、それぞれ発想することが違うんです。

 頭が固くなった30歳にとっては、刺激的な脳体験なわけです。


 ドキドキ・ヒヤヒヤもありましたが、結果的に自分にエネルギーをもらい、次の研究活動に活かしていこうと思います。

 

 
[PR]
by stakahashi17 | 2015-02-10 09:08 | 所感

今年もヨロヨロ・・。

2015年も既に半月が経ってしまいました。早い、早すぎます。コノドントの進化速度並みの速さです.
 
 新年、早速シンポジウムがありました。間髪入れずに卒論・修論シーズンに入ります.


e0208576_23581123.jpg



今年もどうかよろしくお願い致します。
[PR]
by stakahashi17 | 2015-01-16 00:00 | 所感

学会は腹痛の思い出.

毎年,この時期には地球惑星連合大会の参加状況を記事にしていたものですが,

今年は,2日目から腸炎でダウンということになってしまいました・・

いろいろ人に会えると思っていたのにとても残念です.

一応,地球環境史学会の奨励賞も頂いていたのですがね・・

e0208576_22474434.jpg


この後,発熱するとは夢にも思わず..

健康には気をつけましょう.
[PR]
by stakahashi17 | 2014-05-12 22:48 | 所感

レジェンド

2月に入り,卒論も修論も一段落し,次の研究へ動き始めています.

慌ただしい時期に2つの悲報が入っていました. コノドント研究への大きな貢献者が相次いで亡くなられたのです.

年末には, これまで多くの微化石を分類してこられた Heinz Kozur博士が亡くなり,

2月には コノドント動物の化石をはじめて記載した Richard Aldridge博士が亡くなってしまいました.


一昨年, 国立科学博物館叢書として微化石の特集が出版されました.

そのなかに,エジンバラで発見されたコノドント動物の印象化石が載っています.

この標本が,200年近く謎のままだったコノドント化石の正体を明らかにする決定的証拠だったのですが,

微化石を扱う国内の教科書にはその記述や模写をしたスケッチはあっても本物の写真が載ることはありませんでした.

このコノドント動物化石の写真を科博叢書のために提供してくださったのが他ならぬAldridge博士です.

叢書の原稿をまとめていたとき,
学会で何度か話したことのあったMike Benton博士に相談の連絡をして, Aldridge博士に日本の教科書のために写真を提供して欲しい旨お願いしたところ,快く提供してくださったのでした.

出版された本を送り,喜んでもらったメールのやりとりが最後でした. そのときには既に癌と闘病中だったそうです.

ご冥福をお祈りします.

 偉大なレジェンド達の積み上げた知識に乗り,次の境地に向かいます.
[PR]
by stakahashi17 | 2014-02-17 20:51 | 所感

階段を上がるなら今じゃない 今はアンバランス

e0208576_22575492.jpg

新年あけましておめでとうございます.

みなさまに充実した1年がまた訪れることを祈願いたします.

さて,

六星占術によれば,私の木星人(−)は,今年は長い大殺界から抜けてひとつひとつ芽が出る年だそうです.

もちろんそういう年にするつもりでいます.前に進むのみです.
[PR]
by stakahashi17 | 2014-01-03 23:03 | 所感

じぇじぇじぇ。

書きたかったことを書きます。

大人気のNHKドラマ「あまちゃん」ですが、土曜日をもって最終回だそうですね。もう、終わってしまうと思うととても残念です・。

 あまりミーハーに人気のドラマなど見まいと最初は思っていました。しかし、教授の先生が野外調査の出発前に欠かさず見ると聞いてから、そして特に震災の話が始まってからはほぼ欠かさず見てしまうようになってしまいました。

 これまでのメディアが作り上げた悲劇的な震災・津波の像とは異なる表現を工夫し、あのとき各地方の人たちは限られた情報でどんなリアクションをとったのか、特に東京でテレビを見るしかなかった人が何をどう感じたのか、戸惑う主人公の姿はあれがリアルだったのではないかと個人的には思います。

多分、岩手の人でなければ分からないのではないでしょうか?
 琥珀、ゆべし、まめぶや牛乳瓶に入ったウニ、久慈や三陸を知る人にしか分からないような小ネタが全国放送のドラマに登場するのが、とてもうれしいシーンでした。

 さて、そんなシーンが金曜日の放送にもありました。松田龍平演じる水口が、琥珀を探すために地層を掘った亜炭層をふるいにかけているシーンです。「何だこれ?」と拾い上げた黒い細長い物質。なんだか気づきましたか?

 あと1回の放送を残して何もそれ以上の情報はありませんでしたが、あれは白亜紀の肉食恐竜の指の骨です。2013年に公表された、久慈の琥珀発掘体験場で中学生がみつけた恐竜の化石のレプリカそのものですね。
e0208576_0595745.jpg


 実は、先週の日本地質学会の巡検で実物とその発掘現場をみてきました。それが、テレビで出てくるなんて何とも驚きです。
e0208576_102443.jpg


 あまちゃんブーム、三陸ジオパーク決定、東北楽天優勝、うれしいニュースが続きます。
[PR]
by stakahashi17 | 2013-09-28 01:02 | 所感

あれから2年・

論文をまとめるにあたり、東北の太平洋沖の海岸線をなぞって地名を入れていました.

つい脱線して,岩手の沿岸の衛星写真を眺めてしまいました.GoogleEarthの三陸沿岸,所々雪がかかった写真に更新がされているもあいかわらずの寂しい光景が写し出されます.

東北震災から2年,何の偶然か今年は仙台でその日を迎えました.学生時代を過ごした町並みからいろいろ変化はありますが,すっかり都市部はもとの機能を取り戻し,大学も忙しく研究作業が展開されていました.

スポーツ選手がテレビで同じようなことを言っていましたが,それぞれの持ち場でできることで東北に日本に明るい話題をもたらすことができるとよいですね.

さて,今年のフィールドの計画を練り始めなければ・・.

e0208576_2172886.jpg

[PR]
by stakahashi17 | 2013-03-24 02:16 | 所感

研究の基礎は、体調管理とやる気です。

あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い致します。

 今年こそはっ、と思っていましたが、



 新年早々風邪をひいてしまいました。3年連続です・・。



 何年ぶりか、新年を岩手の祖父母の家で迎え、暖炉に薪をくべながらまったり読書と論文構成の年始を過ごしたまではよかったのですが、



 実家で元気をもらってやる気になった高橋は、普通の時間に寝ずに机に向かい、気がついたら喉が痛い・熱っぽい・・といいうありさまでした。



 徹夜で書き埋めた原稿と作図と、具合が悪くて能率の悪い1週間、両者を天秤にかけると後者による損失のほうが大きかったのではないかと反省しています。





さて,今年も、卒業や学位取得に向かって執筆作業が追い込みの期間となってきました。



 私も何件か草稿をみる機会がありますが、作図も文章も何度も改訂推敲を繰り返して他者に伝わるものだな、とつくづく感じています。



日々の草稿修正の繰り返し、そして何よりそれを毎日続けるための体調管理、とても重要です。
[PR]
by stakahashi17 | 2013-01-14 22:33 | 所感

夏休み課題図書。

明日からお盆の夏期休暇・・・・らしいです。

というのは、

水月湖掘削が一段落したところで、来週から中生代ー古生代の深海地層の研磨記載作業にとりかかる予定だからです。

いろいろ道具や備品が揃ってきたので作業が楽しみです。学生さんの体力が持つか心配でもありますが・

出張中の宿や移動中に一読した本を紹介しておきます。夏休みの読書にいかがでしょうか?

1。東北アジア 大地のつながり (東北アジア学術読本) [単行本]石渡 明 (著), 磯崎 行雄 (著)
 2009年に仙台で開催された一般向けの講演会の内容をまとめたもの、高橋は実際に講演会にいました。日本列島の形成過程や大陸との関係を分かりやすく解説している。最近学会でよく聞く磯崎さんの『刺身を食べるならいまのうち』というフレーズも健在。

2。「地球のからくり」に挑む (新潮新書) 大河内 直彦
 連載コラムがもとになった新書。エネルギーにまつわる有史時代のエピソードをまとめている。

3。ウナギ 大回遊の謎 (PHPサイエンス・ワールド新書) [新書] 塚本 勝巳 (著)
 ニホンウナギの卵を発見するまでの研究のストーリー、ウナギの生態の知見がかわいらしい絵が添えられて書かれている。個人的には、レプトセファルスの変体の話や、年齢の若い稚魚を探して航海を進めて行く話がとても面白かった。


4。微化石―顕微鏡で見るプランクトン化石の世界 (国立科学博物館叢書) [大型本]
  谷村 好洋 (編集), 辻 彰洋 (編集)
 8月に出ました。科博叢書の13巻、微化石として扱われる、有孔虫・放散虫・貝形虫・珪藻・コノドントエレメントの解説やこれまでの研究成果や日本人研究者の活躍のようすが、多くの研究者の寄稿により1冊にまとめられている。およそ400ページで¥3800はお得ではないでしょうか? 
  コノドントと北部北上のペルム紀三畳紀境界層発見エピソードについて高橋もちょっとだけ書いています。


 みなさん、よいお盆休みを!
e0208576_22581883.jpg

[PR]
by stakahashi17 | 2012-08-12 22:54 | 所感