研究生活の備忘録です。http://satcy.ninja-web.net


by stakahashi17

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
論文紹介
研究状況
イベント
所感
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月

フォロー中のブログ

Life is Beau...

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

研究費必勝法は申請し続けるこ..
at 2017-08-21 22:05
あついぜ清澄実習
at 2017-08-09 16:16
Youは何しに大曲へ?
at 2017-07-25 11:49
安家森セクション、国際巡検デ..
at 2017-07-06 14:57
晴れ男確定でお願いします.
at 2017-06-06 22:43

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

科学

画像一覧

カテゴリ:論文紹介( 35 )

英語の発音に気をつけます。

Molybdenum の同位体比が気になっている今日この頃。
ニュージーランドで"もりぶでん"と発音したら、言い直されましたね。

時間をみつけて読んでいきます。


Molybdenum isotope, multiple sulfur isotope, and redox-sensitive element behavior in early Pleistocene Mediterranean sapropels Original Research Article
Chemical Geology, Volume 279, Issues 3-4, 13 December 2010, Pages 134-144
K. Scheiderich, A.L. Zerkle, G.R. Helz, J. Farquhar, R.J. Walker
[PR]
by stakahashi17 | 2011-04-05 15:40 | 論文紹介

Ladinian-Carnian

本日は、東北大学の院生小川くんが来ています。

三畳紀のコノドント化石についてあれこれ調べているところです。

小川君は、現在地震で研究環境がなくなって大変ですが、コツコツ文献調査をしています。

限りある条件ですが、できることから研究活動を再開することは重要だと思います。

「自粛ムードよりも、元気に働ける人は働くべきだ」という趣旨の主張がありますが、

わたしもそちらに賛成です。
[PR]
by stakahashi17 | 2011-04-01 20:21 | 論文紹介

太陽活動と樹木年輪。

東大の山口君(D1!)の論文がPNASに公開されるそうです。

Synchronized Northern Hemisphere Climate Change and Solar Magnetic Cycles during the Maunder Minimum:Proceedings of the National Academy of Sciences of the USA

プレス発表もされているのはすごいですね。

そういえば、うちのまわりでも、年輪削って同位体測っていた研究があった気がするんだけど、どうなったのだろう・・。
[PR]
by stakahashi17 | 2010-11-10 22:04 | 論文紹介

ここ最近のはなし。

じゃなくて、古細菌のはなしです。

JAMSTECの高野さんの論文がNature-geoscience に掲載されました。

Sedimentary membrane lipids recycled by deep-sea benthic archaea
Nature Geoscience:(2010)

 死骸の細胞膜を流用するとは、器用な”ヤドカリ”ですね。 どうやって吸収・同化するのでしょう。
[PR]
by stakahashi17 | 2010-11-08 12:35 | 論文紹介

論文書かなきゃ。

Luoがガンガン書いているみたい。がんばろうっと


Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, In Press, Accepted Manuscript, Available online 31 October 2010
Genming Luo, Yongbiao Wang, Hao Yang, Thomas J. Algeo, Lee R. Kump, Junhua Huang, Shucheng Xie
[PR]
by stakahashi17 | 2010-11-01 14:21 | 論文紹介

一度調べ始めるとキリが無い。

連合大会で恥ずかしい質問をしてしまった、タイのデボン紀の話。要チェックだな

Geological and geochemical aspects of a Devonian siliceous succession in northern Thailand: Implications for the opening of the Paleo-Tethys, Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology
Volume 297, Issue 2, 10 November 2010, Pages 452-464

前回、Geologyで報告された微生物マット由来の炭酸塩の有機分析のはなし。
Molecular records of microbialites following the end-Permian mass extinction in Chongyang, Hubei Province, South China, Paleo-3, inpress

イケメン、Luoは論文を書きまくっているようす。P-Trの炭素と硫黄の同位体比のおはなし。
Isotopic evidence for an anomalously low oceanic sulfate concentration following end-Permian mass extinction
Earth and Planetary Science Letters, In Press, Corrected Proof, Available online 20 October 2010
Genming Luo, Lee R. Kump, Yongbiao Wang, Jinnan Tong, Michael A. Arthur, Hao Yang, Junhua Huang, Hongfu Yin, Shucheng Xie
[PR]
by stakahashi17 | 2010-10-25 13:07 | 論文紹介

EPSL等

Earth and Planetary Science Letters 等 気になる文献をアップしています。

Integrated Upper Carnian to Lower Norian biochronology and implications for the Upper Triassic magnetic polarity time scale Original Research Article
Earth and Planetary Science Letters, Volume 203, Issue 1, 15 October 2002, Pages 343-351
Leopold Krystyn, Yves Gallet, Jean Besse, Jean Marcoux

Timing of the Permian–Triassic biotic crisis: implications from new zircon U/Pb age data (and their limitations) Original Research Article
Earth and Planetary Science Letters, Volume 187, Issues 1-2, 30 April 2001, Pages 131-145
Roland Mundil, Ian Metcalfe, Kenneth R. Ludwig, Paul R. Renne, Felix Oberli, Robert S. Nicoll

Significance of δDkerogen, δ13Ckerogen and δ34Spyrite from several Permian/Triassic (P/Tr) sections
Earth and Planetary Science Letters, Volume 295, Issues 1-2, 15 June 2010, Pages 21-29
Birgit Nabbefeld, Kliti Grice, Arndt Schimmelmann, Peter E. Sauer, Michael E. Böttcher, Richard Twitchett

Timing of the Early Triassic carbon cycle perturbations inferred from new U–Pb ages and ammonoid biochronozones
Earth and Planetary Science Letters, Volume 258, Issues 3-4, 30 June 2007, Pages 593-604
Thomas Galfetti, Hugo Bucher, Maria Ovtcharova, Urs Schaltegger, Arnaud Brayard, Thomas Brühwiler, Nicolas Goudemand, Helmut Weissert, Peter A. Hochuli, Fabrice Cordey, Kuang Guodun

No abrupt change in redox condition caused the end-Permian marine ecosystem collapse in the East Greenland Basin
Earth and Planetary Science Letters, Volume 291, Issues 1-4, 1 March 2010, Pages 32-38
Jesper K. Nielsen, Yanan Shen, Stefan Piasecki, Lars Stemmerik

Lower Triassic sulphur isotope curve of marine sulphates from the Dolomites, N-Italy Original Research Article
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, Volume 290, Issues 1-4, 15 April 2010, Pages 65-70
Micha Horacek, Rainer Brandner, Sylvain Richoz, Erwin Povoden-Karadeniz

Isotopic composition of gypsum samples of Permian and Triassic age from the north-eastern Italian Alps: Palaeoenvironmental implications Original Research Article
Chemical Geology, Volume 245, Issues 3-4, 15 November 2007, Pages 275-284
Antonio Longinelli, Onelio Flora

Stable isotope and trace element stratigraphy across the Permian–Triassic transition: A redefinition of the boundary in the Velebit Mountain, Croatia Original Research Article
Chemical Geology, Volume 278, Issues 1-2, 1 November 2010, Pages 38-57
Karmen Fio, Jorge E. Spangenberg, Igor Vlahović, Jasenka Sremac, Ivo Velić, Ervin Mrinjek

The carbon and sulfur cycles and atmospheric oxygen from middle Permian to middle Triassic Original Research Article
Geochimica et Cosmochimica Acta, Volume 69, Issue 13, 1 July 2005, Pages 3211-3217
Robert A. Berner

Multiple Early Triassic greenhouse crises impeded recovery from Late Permian mass extinction Original Research Article
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, In Press, Corrected Proof, Available online 25 September 2010
Gregory J. Retallack, Nathan D. Sheldon, Paul F. Carr, Mark Fanning, Caitlyn A. Thompson, Megan L. Williams, Brian G. Jones, Adrian Hutton

Platinum element group variations at the Permo–Triassic boundary in Kashmir and British Columbia and their significance Original Research Article
Chemical Geology, Volume 272, Issues 1-4, 15 April 2010, Pages 12-19
M.E. Brookfield, J.G. Shellnutt, Liang Qi, R. Hannigan, G.M. Bhat, P.B. Wignall

Composition and structure of microbialite ecosystems following the end-Permian mass extinction in South China Original Research Article
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, In Press, Corrected Proof, Available online 1 June 2010
Hao Yang, Z.Q. Chen, Yongbiao Wang, Jinnan Tong, Haijun Song, Jing Chen
Open Show preview | PDF (4034 K) | Related articles | Related reference work a
[PR]
by stakahashi17 | 2010-10-25 12:08 | 論文紹介

最も科学論文作成効率のよい街はどこか?

Science and city

Natureに記事・論文が掲載されています。

むー、ケンブリッジかぁ

日本も仙台もまだまだですね
[PR]
by stakahashi17 | 2010-10-22 08:29 | 論文紹介

石炭期の酸化還元環境での微量元素変動、

Trace-element behavior and redox facies in core shales of Upper Pennsylvanian Kansas-type cyclothems , Algeo & Maynard, 2004, Chemical geology

元素組成分析の勉強を続けています。

 黒色頁岩試料の大量の分析データから無酸素~還元環境の指標を検討しています。

国際学会でDr.Algeo と話してから、彼の論文をかなり集めていますね。またDiscussionしたいな。
[PR]
by stakahashi17 | 2010-10-19 23:02 | 論文紹介

パンサラッサの空間的な酸化還元環境変化の変動

Algeo et al. 2010, Paleo-3 なんですが、知らない英単語がたくさんあってなかなか理解できなかったので和訳しました。

やはり、フラックス値の絶対値を簡単に各セクション間で比べっちゃっていいのかなと疑問を持ちます。


 パンサラッサ遠洋においては、従来考えられたように一様に酸化還元環境が一変したのではなく、変動時期、分布域に地域差があったという可能性を指摘する点では同意するところはあります。

More
[PR]
by stakahashi17 | 2010-10-19 20:24 | 論文紹介